-NEW!! 新刊情報: 2010年8月アーカイブ

こころを清らかにする言葉
こころを清らかにする言葉こころを清らかにする言葉 
アルボムッレ・スマナサーラ
イースト・プレス ¥1,260

長老がつづった数々の書籍から選りすぐられた80の名言とその解説。
もう、何があっても悩まない。
「ブッダがいちばん伝えたかったこと」を、わかりやすく解き明かす!
「不完全でいい、でもいい加減ではない、これが私の精いっぱいだ」というのが、いちばん素晴らしい生き方です。(本文より)
われわれが一所懸命、命をかけて得よう、得ようとしているものが、あらゆる悩み、苦しみを無限につくっている――それが真理です。(本文より)。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
13歳のときに出家したスマナサーラ長老が、「現代の13歳たちに伝えたかったこと」とは、いったいどんなことでしょうか? 本書は、雲雀丘学園中学校における実際の講演会と中学生との交流をもとにした作品です。
 
13歳へ (よい親も、よい先生も、あなた次第)
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 1807

思春期に入り戸惑いを感じ始めている13歳の若者に対し、スマナサーラ長老は、「今までみなさんは大人に育てられてきましたが、今度は、みなさんが大人を育てる番です」と語りかけます。それが楽しく思い通りに人生を歩み始めるコツだと言うのです。いったいどういうことなのでしょうか?(――詳しくは本書にてどうぞ!) 

中学生へ向けたスマナサーラ長老の語り口は、ユーモアを交えた優しい言葉で、思わず聞き入ってしまいます。 中学生によるスマナサーラ長老への質問も掲載されています。素朴な中学生の質問に、スマナサーラ長老は、シンプルな言葉で、ブッダの智慧の大切な部分を若者たちに伝えます。 心を和ませるイラストや、中学生とスマナサーラ長老が笑顔で語り合う写真も掲載さています。

 中学生はもちろんのこと、大人が読んでも、「そうか、そういう考え方があったのか」と、前向きに頑張ろうと感じることのできる一冊です。 気軽に読むことのできる体裁の本ですので、お釈迦様の智慧に触れる入門書として、また、手軽なプレゼントの書籍としてもお勧めです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2010年8月以降に書かれたブログ記事のうち-NEW!! 新刊情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは-NEW!! 新刊情報: 2010年7月です。

次のアーカイブは-NEW!! 新刊情報: 2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。