+新書の最近のブログ記事


貪瞋の三大煩悩のうち「癡(moha)、無知」について
『バカの理由(わけ)』
バカの理由(わけ) (役立つ初期仏教法話12)バカの理由(わけ) (役立つ初期仏教法話12) 
アルボムッレ・スマナサーラ (著) 
価格:¥ 735(税込) 版元:サンガ 

なぜ、われわれはバカなのでしょうか。バカ(無智)は生命の性質です。心は、塩漬けのように無智に漬かった「無智漬け」なのです。無智は、われわれの心に煩悩の埃をくっ付ける無色の接着剤です。「怒り」「欲」「憎しみ」「嫉妬」などの悪感情の裏には必ず無智があります。しかしこの無智は治すことができます。無智も因果法則であらわれるものだからです。無智をガラスのように壊したなら、もう二度と元には戻りません。ブッダが発見した無智の壊し方をお教えします。

目次

第1部 バカの正体(生命はバカ―無智漬けの心

バカの理由―無智の起源

バカを構造的に理解する―無智の仕事

バカとの付き合い方―無智を制御する

バカの誕生―それぞれの生命、それぞれの無智

バカの敵―無智は恐怖を生み出す)

第2部 バカは完治する(バカの治し方―無智には特効薬がある

バカの原因―無智をつくるもの

バカを予防する―確信をつくる

バカの壊滅―心を育て、訓練する)


~生きとし生けるものが幸せでありますように~

 


『くじけないこと』角川SSC新書
くじけないこと 角川SSC新書 (角川SSC新書)『くじけないこと』(角川SSC新書)
アルボムッレ・スマナサーラ
角川SSコミュニケーションズ ¥819

将来不安の高まりなどで閉塞感が強く漂う時代になり、心が折れるまでいかなくても、ちょっとしたことで落ち込む人が増えています。人はなぜへこみ、追い詰 められるとくじけてしまうのか。その背景を説きながら、いまを生き抜くための智慧を語ります。
目次
第1章 人はなぜ、くじけるのか?―「それは、私たちがアーティフィシャルな社会に生きているからです」(変化する社会に、適応できなくなっている?
意識的な判断、無意識の判断 ほか)
第2章 最初に考えてほしいこと―「最初の土台が違っているから、私たちは間違ってしまうのです」("生きにくい社会"は昔から変わらない
アーティフィシャル社会が惑わすもの ほか)
第3章 心を支える拠り所―「仏教が目指すのは、一人ひとりの心が強く逞しくなることです」(今だけに生きる
モラルをもう一度 ほか)
第4章 今を生きるための知慧―「答えは、すでにあなたの心の中で育まれつつあるはずです」(自分の判断にしがみつかない
「とりあえず」の生き方 ほか)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2011年7月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち+新書カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは+文庫です。

次のカテゴリは+釈迦の瞑想法です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。