+お釈迦さまが教えたこと: 2006年7月アーカイブ

お釈迦さまが教えたこと (2)
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ (2006/07)

「個人の平和」と「人類の平和」を一緒に語る斬新なアプローチ
幸福な人は平和です。一人ひとりが幸福になるならば、世界まるごとを平和にする道が開くのです。

平和を謳うより先に自分の心の平和を築くべきです。
すべての生命は「死にたくない」と望みながら、殺して食べて、生きています。
「生きる」ということ事態に、根源的な矛盾があるのです。
世間の平和論は、こうした「生存の矛盾」を棚上げしています。
これでは平和が続くはずもなく、やがて戦争が訪れるのです。

第1章 バリア論
第2章 文明人きどりの野蛮人
第3章 ブッダの平和論
第4章 正義の検証
第5章 こころの平和が世界に広がる

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2006年7月以降に書かれたブログ記事のうち+お釈迦さまが教えたことカテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは+お釈迦さまが教えたこと: 2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。