-スマナサーラ長老: 2006年7月アーカイブ

お釈迦さまが教えたこと (2)
アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ (2006/07)

「個人の平和」と「人類の平和」を一緒に語る斬新なアプローチ
幸福な人は平和です。一人ひとりが幸福になるならば、世界まるごとを平和にする道が開くのです。

平和を謳うより先に自分の心の平和を築くべきです。
すべての生命は「死にたくない」と望みながら、殺して食べて、生きています。
「生きる」ということ事態に、根源的な矛盾があるのです。
世間の平和論は、こうした「生存の矛盾」を棚上げしています。
これでは平和が続くはずもなく、やがて戦争が訪れるのです。

第1章 バリア論
第2章 文明人きどりの野蛮人
第3章 ブッダの平和論
第4章 正義の検証
第5章 こころの平和が世界に広がる

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

希望のしくみ
希望のしくみ
posted with amazlet on 06.06.27
アルボムッレ・スマナサーラ 養老 孟司
宝島社 (2006/06/13)

芥川賞作家 玄侑宗久さん推薦!!
やさしく深いスマナサーラ長老の言葉は、
「こころの科学」である。
仏教の教えは、煎じつめればこれに尽きる

「私」という主語を抜いた、「実況中継」が、こころを鍛える。
後悔するヒマがあるなら、いますぐ長老に従って瞑想しよう!
(以上 本の帯より)

ヴィパッサナー&慈悲の冥想という心を育てる最強の方法を分かりやすく解説した必読書。再読するたびにその深さに驚かされます。(店員のコメント)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

アビダンマ講義シリーズ〈第2巻〉心の分析―ブッダの実践心理学
アルボムッレ スマナサーラ 藤本 晃 Alubomulle Sumanasara
サンガ (2006/06/01)

仏教心理学である「アビダンマ」の奥義を、現代日常語で解説するシリーズ。第2巻は「心の分析」として、心を欲界心・色界心・無色界心・出世間心の4つのカテゴリーに分けて論じる。「悟りの心」と「深い禅定の心」が、今はじめて明らかに。bk1では24時間以内配送扱いになってます

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
Alubomulle Sumanasara アルボムッレ スマナサーラ 日本テーラワーダ仏教協会パティパダー編集部
日本テーラワーダ仏教協会 (2004/09)
おすすめ度の平均: 5
5 人類の教師としてのブッダ
なぜ悟りを目指すべきなのか
アルボムッレ・スマナサーラ 日本テーラワーダ仏教協会
日本テーラワーダ仏教協会 (2005/04)

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2006年7月以降に書かれたブログ記事のうち-スマナサーラ長老カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは-スマナサーラ長老: 2005年11月です。

次のアーカイブは-スマナサーラ長老: 2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。