『ブッダの実践心理学 第二巻 心の分析』(サンガ文庫)『ひとりで生きるということ』『執着しないこと』

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ブッダの実践心理学 第二巻 心の分析(サンガ文庫) (アビダンマ講義シリーズ)『ブッダの実践心理学 第二巻 心の分析』(サンガ文庫)
版元:サンガ 定価:本体2,300円+税

「知る」という機能―それが私たちの「心」。仏教による「心」の精緻な分類により、「悟りの心」まで続く心の成長の道筋を理解し、心を清らかにする道の第一歩を踏み出す。絶え間なく変化する「心」を徹底的に分析した仏教心理学の核心。(単行本の文庫化)
ひとりで生きるということ  角川SSC新書『ひとりで生きるということ』 増刷決定(^o^)/
版元:角川マガジンズ 定価:本体760円+税

人間は自由を求めますが、生きていくために組織・共同体をつります。どうすれば、人はつながりの中で個人が心の自由を獲得でき、安らかに生きていけるでしょうか? 最古の経典『スッタニパータ』第一章「犀角経」等を通して、「ひとりで生きていく」ことの意味を学びましょう。
執着しないこと『執着しないこと』 増刷決定(^o^)/
版元:中経出版 定価:本体1,300円+税

人間のエネルギーを漏電させる原因として、「怒り」や「欲」があります。執着により生じるこうした怒りや欲に苛まれることなく、エネルギーを満たし続け、生きることを楽しむための方法が「捨てる道」なのです。本書では、仏教が教える「捨てる道」について詳しく述べていきます。
アルボムッレ・スマナサーラ長老 新刊その他

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『ブッダの実践心理学 第二巻 心の分析』(サンガ文庫)『ひとりで生きるということ』『執着しないこと』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/834

コメントする

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2013年3月 6日 19:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ブッダの実践心理学7巻(瞑想と悟りの分析)1』『ブッダの聖地』『ブッダの「慈しみ」は愛を超える』」です。

次のブログ記事は「日本テーラワーダ仏教協会直販の法話DVD目録(2017年1月版)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。