くじけないこと(角川SSC新書)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

『くじけないこと』角川SSC新書
くじけないこと 角川SSC新書 (角川SSC新書)『くじけないこと』(角川SSC新書)
アルボムッレ・スマナサーラ
角川SSコミュニケーションズ ¥819

将来不安の高まりなどで閉塞感が強く漂う時代になり、心が折れるまでいかなくても、ちょっとしたことで落ち込む人が増えています。人はなぜへこみ、追い詰 められるとくじけてしまうのか。その背景を説きながら、いまを生き抜くための智慧を語ります。
目次
第1章 人はなぜ、くじけるのか?―「それは、私たちがアーティフィシャルな社会に生きているからです」(変化する社会に、適応できなくなっている?
意識的な判断、無意識の判断 ほか)
第2章 最初に考えてほしいこと―「最初の土台が違っているから、私たちは間違ってしまうのです」("生きにくい社会"は昔から変わらない
アーティフィシャル社会が惑わすもの ほか)
第3章 心を支える拠り所―「仏教が目指すのは、一人ひとりの心が強く逞しくなることです」(今だけに生きる
モラルをもう一度 ほか)
第4章 今を生きるための知慧―「答えは、すでにあなたの心の中で育まれつつあるはずです」(自分の判断にしがみつかない
「とりあえず」の生き方 ほか)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: くじけないこと(角川SSC新書)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/771

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2010年12月 1日 12:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え」です。

次のブログ記事は「生きる勉強 (サンガ新書)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。