心がスーッとなるブッダの言葉―クールで合理的な初期仏教が教える幸せへの道

| | コメント(0) | トラックバック(0)
スマナサーラ長老の最新刊。8刷決定!(累計55,000部)


20090118234641.jpg◎ブッダの教えは「コンビニ付きスーパーマーケット」

ブッダは、人生に必要なものをすべて教えています。
いつでもどこでも必要なときに、手に入る教えです。言ってみれば、
「コンビニも付いている信頼できるスーパーマーケット」です。
コンビニセクション:よい人間関係を築いて毎日を幸福に生きる方法
スーパーセクション:生きる苦しみを乗り越えて悟りに達する方法
ニーズに応じて、人はどちらに行くか決めます。
仏教は、人のニーズに応じる教えなのです。
迷ったとき、壁にぶつかったとき、不満がたくさんあるとき、
自信がないとき、穏やかになりたいとき、
ページをめくってみてください。

(写真:新大阪駅ブックスキオスクに平積みされた『心がスーッとなるブッダの言葉』2009年1月18日撮影)

目次

  • はじめに
  • 第1章 「悩み」の核心
    • 第一夜 すべての悩みの原因は自分の"心"にある
    • 第二夜 認識は妄想に満ちている
    • 第三夜 「わたし」はただの錯覚である
    • 第四夜 欲ほど恐ろしいものはないと知る
    • 第五夜 「自分に正直」に生きてはいけない
    • 第六夜 失敗を他人のせいにしない
    • 第七夜 「偉い」とはどういうことか
    • 第八夜 喜怒哀楽はよいものではない
  • 第2章 よりよく生きる
    • 第九夜 人生に意味などない
    • 第十夜 将来はわからないのが当然
    • 第十一夜 どう生きても最後は「ゼロ」
    • 第十二夜 すべてが「失敗」の毎日である
  • 第3章 人のつながり
    • 第十三夜 人間関係はうまくいかないのが当たり前
    • 第十四夜 相手にすべき人とそうでない人がいる
    • 第十五夜 友人には「本物」と「ニセモノ」がいる
    • 第十六夜 友人づくりにはまず人間関係づくりから
    • 第十七夜 人間関係を驚くほど改善する「慈悲」の力
    • 第十八夜 他人の幸せを喜ぶ
  • 第4章 働くということ
    • 第十九夜 足を引っ張る人はなくならない
    • 第二十夜 目標を一分単位に分けてみる
    • 第二十一夜 「人の役に立とう」とすると、結果的に成功する
    • 第二十二夜 誰もが他者に迷惑をかけて生きている
    • 第二十三夜 お金持ちを羨まない
    • 第二十四夜 「一番病」にかからないこと
  • 第5章 幸せへの道
    • 第二十五夜 「答えのない問題」には悩まない
    • 第二十六夜 「幸せ」はモノから離れることで生まれる
    • 第二十七夜 他人と自分を比べない
    • 第二十八夜 自分に責任のないことは考えない
    • 第二十九夜 完全に「役立たず」の人はいない
    • 第三十夜 「祈り」なんて役に立たない
    • 第三十一夜 「スピリチュアル」いは意味がない
    • 第三十二夜 幸せの本当の意味は心のやすらぎです
  • おわりに

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 心がスーッとなるブッダの言葉―クールで合理的な初期仏教が教える幸せへの道

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/571

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2009年7月18日 13:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブッダの幸福論」です。

次のブログ記事は「迷いを絶つ「生きる」論」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。