結局は自分のことを何もしらない 役立つ初期仏教法話6

| | コメント(0) | トラックバック(0)
結局は自分のことを何もしらない―役立つ初期仏教法話〈6〉 (サンガ新書)
アルボムッレ スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 55329
おすすめ度の平均: 4.5
4 無明を正知に
5 「苦」について、「私」について、幸せについて

 

私たちが考え悩み続けてきた「どう生きたらよいか」という問題を、初期仏教は、「私とは何か」を知り尽くすことによって解決します。「私」がわかれば、「生きること」の真実がみえてくるのです。こうして導き出される「生きること」の答えは、「動き」、「知ること」、そして「苦しみ」です。しかし、苦しみは嫌でしょう?不幸より幸福がよいでしょう?だからこそ、生きる目的は「苦しみを乗り越えること」になります。幸福な人生に不可欠な生きることの根本=お釈迦さまの智慧を解説。

主要目次

序章 「生きるとはなにか」を探しにいきましょう
(どう生きたらよいかという悩み
死後のことまで悩みのリストに ほか)

第1章 生きる苦しみと生きる幸せ
(皆、「私」がいちばん偉いと思う
「私だけが偉い」と思う大失敗 ほか)

第2章 私とはなにか
(同じ感覚が続くと苦しくなる
一つの味だけではおいしくない ほか)

第3章 どう生きるべきか
(苦しみをなくすことを目的に生きる
苦しみをなくす目的は人を成長させる ほか)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 結局は自分のことを何もしらない 役立つ初期仏教法話6

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/603

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2009年1月30日 17:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あべこべ感覚 役立つ初期仏教法話7」です。

次のブログ記事は「ブッダはなぜ心を重視するのか ~心は「幸福」「不幸」のクリエイター~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。