心の中はどうなってるの? 役立つ初期仏教法話5

| | コメント(0) | トラックバック(0)
心の中はどうなってるの?―役立つ初期仏教法話〈5〉 (サンガ新書)
アルボムッレ スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 46165
おすすめ度の平均: 5.0
5 善の心と悪の心を論理的に示す
5 上座仏教のアビダンマは小乗仏教のアビダルマと全く違う

 

私たちを創造し、支配し、幸福や不幸を決めるのは、「心」です。心に振りまわされずに生きるには、心に維持管理されることをやめて、心を維持管理しなくてはなりません。それにはまず、心を分析して学ぶ必要があります。お釈迦さまは、五二種類の「心の中身(心所)」を発見されました。心の膨大なはたらきは、この「心の中身」を理解することで把握できるのです。A・スマナサーラ長老の『ブッダの実践心理学 第三巻 心所(心の中身)の分析』のエッセンスを、初学者のためにわかりやすく書き下ろした一冊。

主要目次

1 心の基本
(心とはなんでしょうか?
最初に学ぶ十三種類の心のはたらき)
2 悪の世界
(不善心所 心を不善に染める十四種類の心所)
3 善の世界
(心が善心に変わるとき
善心所 幸せへ通じる二五種類の心の元素)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 心の中はどうなってるの? 役立つ初期仏教法話5

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/600

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2008年10月30日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライバルのいない世界―ブッダの実践方法」です。

次のブログ記事は「ブッダの集中力 役立つ初期仏教法話9」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。