悟りの階梯―テーラワーダ仏教が明かす悟りの構造

| | コメント(0)
悟りの階梯―テーラワーダ仏教が明かす悟りの構造
藤本 晃
サンガ
売り上げランキング: 15293
おすすめ度の平均: 5.0
5 止瞑想と観瞑想

スマナサーラ長老との『ブッダの実践心理学』シリーズ共著でも知られる藤本晃博士がパーリ経典に説かれた悟りの段階(四向四果)と修行のキモを正確に抽出した画期的な作品。仏教要語の解説集としても、管見では他にないほど的確。お釈迦様の純粋な教えの「ミソ」を伝えることに徹して、後発諸宗派の妄想や、現代人の偏見といった「クソ」は一滴も混ぜていない。それこそ真の知性の証。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

コメントする

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2008年6月12日 20:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「佛紀2552年ウェーサーカ祭講演者の著書」です。

次のブログ記事は「仏教は心の科学(文庫版)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。