心は病気 役立つ初期仏教法話2

| | コメント(0)

スマナサーラ長老の最新刊!

心は病気
心は病気
posted with amazlet on 06.10.30
アルボムッレ・スマナサーラ長老
サンガ (サンガ新書)
税込735円(本体700円)

心は、育てるもの。何もしないと病気のままです。
心は、強くて、弱くて大バカ者。釈尊が説く「心の治し方」は?

社会の中で堂々と頑張って、きちんと仕事をして、きちんと家族を守って、何もかもちゃんとやっていて、という、心理学の立場から見れば「普通」の人々も、仏教からみれば全員が精神的な問題を持っています。すべての人の心は病んでいるのです。普通の人々がゼロにいるとすると、精神的な問題がある人々はマイナスにいますね。心理学では、マイナスにいる人々だけをゼロに持っていこうとしますが、仏教では、ゼロにいる人々を含めたすべての人を、プラスに持って行こうとするのです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

コメントする

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2006年10月30日 02:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「功徳はなぜ廻向できるの?―先祖供養・施餓鬼・お盆・彼岸の真意」です。

次のブログ記事は「ブッダの道の歩き方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。