パーリ仏典第二期6 長部 パーティカ篇〈II〉

| | コメント(0) | トラックバック(0)
長部(ディーガニカーヤ)パーティカ篇〈2〉

釈尊の生きた言葉を伝えるパーリ仏典の最新の現代語訳。ビルマ第6結集本を底本にして、伝統の註・複註による解釈をほどこす初めての書。…パーリ経蔵の和訳は他にも出ているけど、初期仏教を深く学ぶためのガイドとしては片山先生の誠実な訳がいちばんオススメできます。(店員)

サーリプッタ大阿羅漢の説かれた2経を収録。長部を締めくくるにふさわしい仏道修行を網羅するサマリー的な内容。

目次
パーティカ篇
第33 結集経(sa:ngiiti-sutta)
第32 十増経(dasuttara-sutta)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: パーリ仏典第二期6 長部 パーティカ篇〈II〉

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/536

コメントする

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2006年7月18日 17:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パーリ仏典第二期5 長部 パーティカ篇〈I〉」です。

次のブログ記事は「ブッダの実践心理学2 心の分析」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。