2005年8月アーカイブ

8月1日河北新報・読書欄/7月26日中外日報・中外図書室/7月10日福島民友・読書欄など、書評も続々掲載されています。テキストはリンク先をご覧ください。
紀伊國屋ブックウェブの和書デイリーベストで第1位に!(2005年7月1日,2日サイトで確認)

なぜ、悩む!―幸せになるこころのしくみ
玄侑 宗久 A.スマナサーラ
サンガ (2005/06)
売り上げランキング: 385

レビュー:< ぬるーい仏教書の世界にまた一発爆弾投下! >

初期仏教界の雄A.スマナサーラ長老と、芥川賞作家にして僧侶としても人望厚い玄侑宗久師の対談です。二回の対談では話題は多岐にわたっており、当代きっての仏教界の俊英が世の中をどうとらえていうかということに興味は尽きない。お二人の守備範囲の広さとその博識ぶりには驚かされると思います。

とはいっても本領は上座仏教(初期仏教)と大乗仏教とりわけ禅仏教というお互いの立ち位置を踏まえたスリリングな仏教論です。『般若心経』の「空即是色」は間違いであると堂々と喝破するスマナサーラ長老の舌鋒は、日本では八宗の祖と崇められる龍樹の「空」哲学にも容赦なくメスを入れます。いやぁ、こんなこといえる人、他にいませんよ。

宗派は違えど、僧侶としてははるかに先輩であるスマナサーラ長老の迫力にタジタジになりつつ、落ち着いたく超と禅仏教と日本文化のものの見方を提示しながら論点を浮き彫りにする玄侑師の姿勢にも好感が持てます。何冊か出ている玄侑師がらみの対談本のなかでも、出色の出来ではないでしょうか?

初期仏教と禅宗をつなぐ菩提達磨(ダルマさん)への評価、「山川草木悉皆成仏」という日本仏教を象徴する言葉への目からウロコの解釈など、全編に仏教の常識を揺るがす智慧の光が瞬いているような一冊です。そんな、あぜんとするほど切れ味の鋭い「仏弟子の世間話」をぜひ体験してみて下さい。 (佐藤哲朗)

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2005年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年7月です。

次のアーカイブは2005年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。