慈経--ブッダの「慈しみ」は愛を越える

| | コメント(0) | トラックバック(0)

すべての生命への無限の慈しみを説いた原始経典『慈経』。
軍事政権の抑圧に抗議し、自由を求めるミャンマーの人々がデモ行進しながら唱えていたお経です。
まさにアジアの『イマジン』(こっちが先)です。(2007/09/30)


※『慈経』の原文・日本語訳、音声ファイルはこちらで聴取できます。

慈経--ブッダの「慈しみ」は愛を越える
アルボムッレ・スマナサーラ 日本テーラワーダ仏教協会出版広報部
日本テーラワーダ仏教協会 (2003/11)
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 すべての生命が幸せでありますように
5 すべての人の心に慈しみを
5 なんとなく不安、満たされないと思っている人に

二五〇〇年語り継がれた原始仏典のエッセンス
上座仏教の世界では日夜を問わず読誦され、実践されている『慈経(Metta Sutta)』を読み解く。最高の悟りを得たお釈迦さまは、一切の生命への「慈しみ」を倦むことなく説きつづけた。時代をこえて、平和と安らぎを求めるすべての人類に託されたブッダのことば。スマナサーラ長老による、パーリ仏典講読シリーズ第一弾。付属CDに『慈経』読経(スリランカ録音)と『慈悲の瞑想』法話を収録。
※在庫切れの場合は、日本テーラワーダ仏教協会の通信販売をご利用ください。

~ミャンマーの人々の悩み苦しみがなくなりますように~

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 慈経--ブッダの「慈しみ」は愛を越える

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/511

コメントする

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2005年3月23日 17:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「怒りの無条件降伏--中部教典『ノコギリのたとえ』を読む」です。

次のブログ記事は「インド・スリランカ上座仏教史―テーラワーダの社会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。