ブッダが考えたこと―これが最初の仏教だ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
ブッダが考えたこと―これが最初の仏教だ
宮元 啓一
春秋社 (2004/11)
売り上げランキング: 26,488
通常3~4日以内に発送

最近の仏教学系の読み物のなかでは最も刺激的な本ではないでしょうか?テーラワーダ仏教を学んだ立場からは首を傾げる点、あまりに舌足らずな点もありますが、近代以降の日本の「仏教に惹かれるインテリ」が陥りがちな思考のフレーム・固定概念を相対化している、という点でなかなか興味深い内容になっていると思います。中村元さんの弟子にしては随分思い切って発言されてます。(店員)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ブッダが考えたこと―これが最初の仏教だ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cms.j-theravada.net/mt-tb.cgi/503

コメントする

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、naagitaが2005年3月14日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生きながら火に焼かれて」です。

次のブログ記事は「万人に語りかけるブッダ―「スッタニパータ」をよむ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。